すごく今更だけど「失いたくないから」が名曲すぎる話

乃木坂46「透明な色」の感想みたいなやつ。

透明な色(Type-A)(DVD付)

以前、乃木坂のカップリング曲で好きな曲を選んで、その中から何曲アルバムに収録されるかなーみたいなこと*1を書きました。

 

見事なまでに自分の予想と大きく外れ、結果にわかを曝け出しただけっていう。慣れないことはするもんじゃないです。反省。

いや、乃木坂は本当に良い曲が多くて票が割れただけやから(震え声

 

アルバム予約者に与えられたカップリング投票の結果は“推しメンの色”が色濃く出ており、ファン投票の良い所と悪い所が出てしまったなという感想です。

つまるところ「なんでこの曲が?」という曲が入っていたり「この曲が外れたかー」というショックもあります。個人的な意見を言うとせめて「ロマンスのスタート」は収録されて欲しかった。「ダンケシェーン」と変わるだけでもガラッと投票結果の見た目が変わったと思います。

この辺りは恨むなら投票した自分達ファンを恨めということでしょうか。こういう所だけ運営は上手い。

 

こんなことを書いても投票権すら無かった者のただの愚痴であり、自分の予想が外れてしまったことに対する言い訳であることに変わりはありませんし、否定もしません。

 

間違えました。

「透明な色」のカップリング投票の結果が賛否両論あること、あの曲が選ばれたこの曲が選ばれなかったと一喜一憂したことを書きたいんじゃなく、「失いたくないから」がそんなこと全てどうでもいい、この曲を知れただけで良かったと思えるほどの名曲だったということです。

正直この一文を言いたいがためだけにこの記事を書いたまである。

 

「失いたくないから」の歌詞に

コンバースの紐

直す振りして

君のことだけ

ずっと見ていたよ

という一節があるんですが、参りました。誰しも似たような経験を一度はしたことがあるのではないでしょうか。

「今の関係を失いたくないから君に告白することができず、僕はコンバースの紐を直す振りをして遠くから君を見ていることしかできない」なんて秋元康サイコーです。

 

 

「失いたくないから」が良すぎてその次に収録されている「ダンケシェーン」の場違い感が自分の中で話題になってる。

 

 

申し訳程度に他の曲にも触れておきます。

10thまでの表題曲10曲も収録されています。「好みの曲」の琴線は違えど「良い曲」の琴線は誰しも同じなのではないでしょうか。 

 

 

乃木坂について語りたい欲が溢れ出るのでどうしても話が二転三転します。

自分の好きなことについて書いている呟いてる時が一番楽しい的なアレです。

タイトルこれで良かったのかな。話の着地点を見失った感じ。御免。

 

*1: