cero「Obscure Ride」

4/5 

Obscure Ride 【初回限定盤】

アルバム名に「Obscure」という言葉が付いている通り全体的に曲が暗いです。これに関しては一作目「WORLD RECORD」の一曲目で「Contemporary Exotica Rock Orchestra」と歌っているのに対し、今作ではこれまた一曲目に「Contemporary Ecletic Replica Orchestra」と歌っていて、これまでのceroとは違うよちょっと暗いよというメッセージなのかなと解釈しました。ただそれだけだと暗いだけのアルバムになってしまうので所々に笑い声や電車の音、人混み?の音等を入れることで風通しじゃないけどアルバムが閉鎖的にならないような工夫が施してあるように感じました。

 

音源には今までにない作り込みが感じられたけどだから良いかと聞かれたらそうではないです。ceroの良さってジャズやクラシック、ヒップホップのような色んなジャンルが混ざりながらもceroとしてのポップなサウンドは変わらないところだと思っていたので。これだとらしさが消えてただ奇をてらってるだけのバンドと大差ない気がしました。それは言い過ぎたかな。本作を聴いてもceroはシティポップの代表格だ!なんて言う人の言うことを信じない。ceroはシティポップという枠から抜けたかったんじゃないかと思うほどポップではないし、もはやceroというジャンルにまで到達している。

 

一つどうしても納得できないのがシングル曲Yellow Magusのアルバムver.が個人的にただの改悪だったこと。確かにシングルのままアルバムに入れたら明るくて浮いてしまうけど、だからと言ってラップの韻の踏み方?まで変えてしまったらそれはもう別の曲ですやん。これはもう少しなんとかして欲しかった。

 

良いアルバムなんだけどね。ceroの無邪気だなとすら思ってしまうポップな曲が好きな自分にとっては物足りないアルバムだった。シングル2曲がマジで良かっただけにアルバムの空回りと力みがすごく惜しい。

 

 

2.Yellow Magus

 

 

7.Orphans